2008年06月13日

限度額について

先日、クレジットカードの請求書が届き覚えのないキャッシングが限度額いっぱいになっていました。自分自身がカードを持っていて、キャッシングなど一回もしていないのです。請求書には、使用年月日は記載がなく、よく考えてみると2ヶ月くらい郵送で来るはずの請求書が届いていませんでした。これはカード会社で事故扱いしてくれるのかどうか、まず何をしたらいいのか皆さんの意見を聞かせてください。


先日、友人からこのような質問をされました。

まず、限度額は慎重に対応しなくてはいけません。
これも、犯罪なのか、カード会社のミスなのかを即座に調べなければいけません。

まずは、クレジットカード会社に問い合わせをする必要があります。

しかしながら、紛失していないのに、請求が届くケースの多いパターンは、家族が勝手に使っていたというパターンです。

まずは、カード会社に連絡、そして家族に聞いてみる。
それでもわからなければ、警察という手順がいいでしょう。
posted by で at 16:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードと犯罪

世の中にはたくさんの犯罪がありますが、クレジットカードに関連した犯罪も多数報告されています。

刑法の規定にあるのは犯罪そのものですが、それ以外にも犯罪とはいわないまでも、フェアでない行為を認定した法律はたくさんあります。

例えば、人の家に空巣が入りました。
盗まれたのは、机の横の畳の上に置いてあった物で、 財布と パスポ−ト & カ−ド・ が入っていたポ−チと、 通帳・ 印鑑(しかも実印も)・保険証などが入っていたバックです。カ−ド会社に電話したところ、盗まれて数日後の3時半頃に百貨店のキャッシュコーナーで5万円引き出され、その後さらに4時半頃に3万5千円のカバンを買っているとのことでした。

家に出入りする人は皆、親しい友人ばかりです。そのことをカ−ド会社の人に言ってみると、90%は知人の犯行だと思うと言われたそうです。カ−ドを一回で使わないで2回にわけてるし、しかも全額が8万というのは少ないから、素人の犯行であるというのも理由だそうです。
どうか知恵をかしてくれませんか?


などという状況に陥ったらどうでしょうか?

まずは、すぐカード会社に連絡して、カード自体をストップすることが先決です。また、警察にも連絡をいれましょう。
posted by で at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

カードの利便性

カード会社の加盟店手数料とは、クレジットカードの加盟店(小売店)で、カード会員(消費者)がカードによる買い物をした場合、その加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料のことです。
クレジットカードは世界でよく利用されているとても便利なツールです。
クレジットカードが普及した原因として考えられるのは都市銀行が本格的にこれに取り組み始めてからです。
アフリカや中国でもクレジットカードはりようすることができます。
最近では、ビデオレンタルショップなどからも作成することができます。
クレジットカードの魅力を引き出すにはまず、クレジットカードを作成する必要があります。
クレジットカードはいくつもつくることもできますが、多くつくる必要もないかもしれません。
クレジットカードは無料で作成することができます。
クレジットカードは全国のデパート、商店、レストランで使うことができます。
リボ払いは、前回の買い物の支払いが終わっていない状態で、更に利用した場合でも毎月の支払い額は、一定となります。この代わりにお支払い期間が延びます。
カードを準備したらネットオークションや、各店舗、公共料金も支払うことができます。慎重にご利用ください。
クレジットカードを正しく使い楽しんでみてください。
posted by で at 22:39| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カード制作

セブン銀行が発表しました。セブン銀行では、「みんなのマネーサイト。」を金融小売業実現のための主力チャネルとして位置付け、インターネット上での金融商品販売のワンストップチャネルを目指し、今後、取扱商品・提携先の更なる拡充を図る等をして展開するようです。
クレジットカードに重要なのはその便利さだといわれています。
カード会社の加盟店手数料とは、クレジットカードの加盟店(小売店)で、カード会員(消費者)がカードによる買い物をした場合、その加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料のことです。
世界の共通通貨といえるのがクレジットカードでしょう。
クレジットカードは簡単に作れ、最近は安全に作れるようになってもきました。
クレジットカードは簡単に作れます。
急な海外出張で現金が必要な場合でもカードがあれば問題なく利用することができます。
簡単な作成、口座登録でできる。これがクレジットカードの魅力です。
クレジットカードを利用する際は、商品を購入した店員がしっかりとあなたのサインをチェックしているのかどうかを確認いたしましょう。
クレジットカードを便利に利用するためには、リボ払いや、キャッシングなど様々な利用ができるようにしましょう。
クレジットカードを作成した際は、使いすぎにくれぐれも注意して利用しましょう。
クレジットカードはカード一枚で様々なことができてしまう点がとても便利です。


クレジットカード
クレジットカードでいくブログ
クレジットカードのいろいろ
クレジットカード
posted by で at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイカード

クレジットカードが普及した原因として考えられるのは都市銀行が本格的にこれに取り組み始めてからです。
カードは最近巷で利用者が増えてきました。
セブン銀行が発表しました。セブン銀行では、「みんなのマネーサイト。」を金融小売業実現のための主力チャネルとして位置付け、インターネット上での金融商品販売のワンストップチャネルを目指し、今後、取扱商品・提携先の更なる拡充を図る等をして展開するようです。
クレジットカードの情報はしっかり間違えないように記載すれば簡単にカードを作成することができます。
クレジットカードは簡単に作れ、最近は安全に作れるようになってもきました。
クレジットカードは心配かもしれませんが、簡単にウェブなどから申し込みをすることができます。
クレジットカードの利用は各カード会社から申し込みをすることができます。
現金を持ち歩かなくても大丈夫なのがクレジットカードです。
クレジットカードは中には利用できない国、地域、店舗がありますので、気をつけてみてください。
カードを作るなら様々なサービスが盛り込まれているものを利用し、様々な特典を活用しましょう。
カードを利用した場合、料金の引き落としはその翌月に引き落とされることができます。
クレジットカードは利用すれば利用するほどポイントが貯まるなどの利点があり、活用方法によってはとても便利なサービスとなりうるものです。しっかりと使い役立ててみてください。


金融
クレジットカード
クレジットカード比較
posted by で at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードのすすめ

セブン銀行が発表しました。セブン銀行では、「みんなのマネーサイト。」を金融小売業実現のための主力チャネルとして位置付け、インターネット上での金融商品販売のワンストップチャネルを目指し、今後、取扱商品・提携先の更なる拡充を図る等をして展開するようです。
クレジットカードの要素は主に、皆に認識されています。
クレジットカードは重要に管理する必要があります。
カードの申し込みは各店舗で行いましょう。
クレジットカードのことはカード会社だけに問い合わせることが正しいということはなく、銀行に聞いても問題ないでしょう。
最近ではインターネットで24時間クレジットカードの作成ができるようになりました。
ORICOやJCB、VISAなど様々あるので可能であれば様々なところで作るのが良いでしょう。
クレジットカードは全世界で利用できるのが魅力で海外出張などでもとても役に立ちます。
クレジットカードは中には利用できない国、地域、店舗がありますので、気をつけてみてください。
カードを使うのであれば様々機能が盛り込まれているキャッシュカードなどもともに申し込みをしましょう。そうするとカードを利用する際とても便利に利用することができます。
カードを準備したらネットオークションや、各店舗、公共料金も支払うことができます。慎重にご利用ください。
クレジットカードは使い方をしっかり利用すればとても便利なアイテムになります。計画的に利用をしてみてください。


金融
クレジットカード
クレジットカード比較
クレジットカード
クレジットカードのクレジッター
posted by で at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。