2008年06月13日

クレジットカードと犯罪

世の中にはたくさんの犯罪がありますが、クレジットカードに関連した犯罪も多数報告されています。

刑法の規定にあるのは犯罪そのものですが、それ以外にも犯罪とはいわないまでも、フェアでない行為を認定した法律はたくさんあります。

例えば、人の家に空巣が入りました。
盗まれたのは、机の横の畳の上に置いてあった物で、 財布と パスポ−ト & カ−ド・ が入っていたポ−チと、 通帳・ 印鑑(しかも実印も)・保険証などが入っていたバックです。カ−ド会社に電話したところ、盗まれて数日後の3時半頃に百貨店のキャッシュコーナーで5万円引き出され、その後さらに4時半頃に3万5千円のカバンを買っているとのことでした。

家に出入りする人は皆、親しい友人ばかりです。そのことをカ−ド会社の人に言ってみると、90%は知人の犯行だと思うと言われたそうです。カ−ドを一回で使わないで2回にわけてるし、しかも全額が8万というのは少ないから、素人の犯行であるというのも理由だそうです。
どうか知恵をかしてくれませんか?


などという状況に陥ったらどうでしょうか?

まずは、すぐカード会社に連絡して、カード自体をストップすることが先決です。また、警察にも連絡をいれましょう。
posted by で at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。